2016/04/15

4月 15th, 2016 | Posted by 墨田区耐震協 in 墨田耐震協トピックス

平成28年熊本地震に被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

今回の地震でも多くの方が倒壊家屋の下敷きとなり犠牲となってしまいました。また、倒壊した家屋や塀による道路閉塞により避難や復旧に支障がでている状況です。

九州地方の自然災害は主に台風であり、屋根が飛ぶのを防ぐため多くの家屋が重い瓦屋根としています。頭が重いと大きく揺れるため地震には不利となり、それが今回の被害に繋がったとも言えます。

また、古い耐震基準の家屋の倒壊が目立ち、あらためて耐震補強の必要性を思い知らされます。

重い瓦屋根を軽い鉄板屋根やスレート屋根に改修することで耐震性能が上がるため、墨田区では耐震補強工事の助成制度の対象となり助成金を受け取れます。

雨漏りでお困りの方や地震への不安をお持ちの方は是非、墨田区防災まちづくり課にご相談していただき、無料耐震相談を受けてみてください。(無料)

http://www.city.sumida.lg.jp/kuseijoho/kunosyoukai/sosiki/bousaimachidukuri.html

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.